彼女と絶対復縁したい場合の復縁メール

彼女と絶対復縁したい場合の復縁メール

 

 彼女にフラれてしまったあなた。残念で溜まりません。突然の別れ、前々からギクシャクしていてうまくいっていなかったなど別れの原因はカップルによって様々です。

 

 でもお互い離れ離れになって彼女の存在がいとおしい、前のサヤに戻りたい・・・

 

 そう、好きだった元カノと復縁できないかと誰もが考えると思います。

 

 自分の事を忘れられないために、衝動が焦ってしまい、せっかく出来るはずだった復縁のチャンスを逃してしまうケースが多々あります。

 

 復縁するほう方の最もおすすめの方法があります。

 

 

 「それはメールでの復縁方法です。」

 

 

 メールは手っ取り早く、何度も読み返すことが出来るため、相手に印象付けやすいからです。

 

 でもその反面、メールでの復縁方法の送り方、内容など誤りのせいで、せっかくの大チャンスを台無しにしてしまいがちなのです。

 

 

 

 <復縁メールには大きく分けて2つの大事な事があります>

 

 

 

メールは復縁をせまってはいけません

 

 

 一番悪い例をあげます。彼女と復縁したいがままに、文面の最初から最後まで、未練タラタラの文面。一方的な感情と思いばかりつづった内容で元カノに送りつけ、何度もメールを送ってしまう行為です。

 

 この行為をしてしまってはNG。最もしてはいけない行為です。

 

 復縁メールとは彼女とヨリを戻すための物ではなく、あくまで、元カノと縁が切れてしまうことを避けるためのものと考えてください。

 

 そうすると自然にメールでやりとりするうちに元カノも感情に変化が表れてきます。

 

 

 

 

復縁メールはどんな内容にすればいいの?

 

 

 未練タラタラの文面が駄目ならじゃあ、どんな内容にすればいいのだろうか?

 

 さびしい、会いたい、悲しい、辛い、眠れない

 

 このようなワードばかりでは元カノも嫌気がさしてしまします。また気味が悪いとも思われるかも知れません。

 

 さびしい、会いたい、悲しい、辛い、眠れないという表現を入れるなら出来るだけ明るく面白い文面で相手が興味をそそるような内容にしなければなりません。

 

 

 ・「昨日、職場の男メンバー数人と飲みに行ったら、周りが全員カップルだらけで自分達だけ男グループで最高にさびしかった〜!いつもは気にならないんだけど、結構ココロが悲しんでいるのかも」

 

 ・「ともだちA太が彼女と別れたらしい。結婚の約束してたのに。かわいそうにと思ったら俺もだった!さびしいから二人で暮らそうかと冗談を言った」

 

 

 など、女性が読んで、束縛間を感じない程度に自分の心情を表現できる内容のメールなら返信確率も高いですし、元彼をココロのどこかで気にしてしまう心理が隠されているのです。